ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

  • ABOUT
  • RENTAL SPACE
  • SCHEDULE
  • BLOG
  • CONTACT
  • ACCESS

本文の始まりです

Blog / 一年の締めくくりはGlow Defective Soldierの「心づくし」で
  • 一般記事●

    一年の締めくくりはGlow Defective Soldierの「心づくし」で

    2014.12.28

    Author:FCBCスタッフ
    クリスマスが過ぎると、町は年越しムード一色になっていきます。そんな年末の日の夕方、今泉で開催されている
    城台宏典さんの「心づくし」展に行ってきました。場所は国体道路と紺屋町通りがぶつかる所にある拓栄ビル2階の
    ギャラリーアートエリア"Asi-para"です。ローソンを目印にするとわかりやすいですよ。



    グラフィックデザイナーとして活躍する城台さんはGlow Defective Soldierを主催し、その独特な世界観は
    FCBCの壁面ギャラリーに展示されている「疱瘡爛漫・観測対象・彼我絶句」でも見ることができます。
    福岡での活動は2006年に始まり、2010年からフォトコラージュ作品の制作を始め、最近はライブペインター
    としての活動も増えています。



    今回の作品展では最近目にする事が少なくなっていた、コラージュ作品の数々を間近で鑑賞することが出来ます。
    写真は全て自身で撮影したもののみを使い、一切合成の痕跡を見せない作品が発する凝縮された色彩と造形の
    数々は、観る者に独自の混沌としたユートピアの姿を投げかけてきます。



    ギャラリーはお店に入って左にあります。壁面に飾ってある布にプリントされたコラージュ作品が気になりました。
    「めくってみて下さい。」とメッセージが添えられています。何だろうと気にしながら作品をめくってみると。。。
    ここから先は皆さんで実体験してみて下さい。



    「心づくし」展は明日29日まで。最終日は城台さんも在廊されるそうです。時間は12:00から20:00
    (最終日は18:00)。作品集やアクティブペインティングの原画、グッズの販売コーナーもありますよ。

本文の終わりです

トップへ